歯周病治療プログラム

信頼の医療で健康を取り戻します。
他院で断られた方もあきらめないでご相談ください。

歯科医師・歯科衛生士・患者様の共同医療で根本から治す

当院では、痛みなどで歯科を受診された患者様にとって、食生活習慣を見直す最適な機会だと捉え、医療者と患者様の共同作業によって全身の健康を見直す『トータルヘルスケアコーチング(THCC)』を提案しています。

医院紹介はこちら

歯周病・一般歯科

『歯周病の98%は治ります!』

歯を失うこと。
それは、食べる、話すといった日常の生活の楽しみを失うだけでなく、全身に栄養を行き届ける消化管の入り口としての機能が正常に働かないことで、全身の健康状態にも影響します。
当院では、歯周病を単なる口腔疾患として治療するのではなく、全身疾患の初期症状として原因を特定し、患者様の日常生活での問題点や食事バランス、ストレスなどを改善する治療を提供しています。

歯周病治療プログラム

患者様を担当するドクター、歯科衛生士、健康管理士がチームで歯周病治療に取り組み、患者様には当院が用意した11箇条のプログラムを実践していただきます。このプログラムを受けられた患者様は、98%の方が歯周病を完治しています。

1歯周病菌の特定
歯周病菌の数、種類を特定し、治療方法を選定します。
2カウンセリング
担当する歯科衛生士によるカウンセリングで、日常生活や食事の偏りなど、患者様が抱える問題点を明確にします。
3データ収集
血球検査、口腔内撮影、レントゲン撮影などを行い、歯周病の進行状況の確認を行います。
4クリーニング
歯石除去、除菌など、プロの専門器具を使って、口腔内を清潔にします。
5ケア指導
歯科衛生士によるブラッシング指導など、患者様自身で口腔内を清潔に保つためのプロの技術を指導します。
6治療後カウンセリング
口腔内撮影を行い、治療の成果を確認します。
今後の問題点やメンテナンス方法などについてカウンセリングを行います。

歯周病治療プログラム11箇条

当院では、歯周病は東洋医学でいう“瘀血(おけつ)=血が滞る”として捉え、全身疾患の黄色信号だと考えています。そのため、治療を始める前に、まず患者様自身が歯周病の原因をしっかり理解していただくところからスタートします。
『歯周病治療プログラム』では、患者様を担当するドクター、歯科衛生士、健康管理士がチームとなってカウンセリングとトータルヘルスケアコーチング(THCC)を行います。
歯周病治療には、生活習慣や食生活の見直しが必須です。患者様には、クリニックが提示する11箇条を実践していただき、医療チームとの共同作業で完治を目指す治療を行います。

【生活習慣の改善】

1歯茎のマッサージ
血流を改善し、局所免疫力を高めます。
215~30分程度の半身浴
心臓に負担をかけないように心臓の下まで40℃程度のお湯に浸かって半身浴を行い、全身の血流を改善します。へその下までの湯量で行う場合は、湯温は高めの42℃程度が目安です。
31日45分以上の連続速歩
適度な運動、歩行は身体のバランスを整え、血管や神経の働きが活性化します。
4最低5~6時間の睡眠をとる
睡眠は身体の緊張を弛緩し、疲労を回復させます。血流が効率的に働き、体内の平衡を回復させる働きがあります。
5ストレスコントロール
ストレス状態が続くと、毛細血管が収縮して免疫力が低下します。自分にあったストレス解消法を見つけて、ストレスを溜め込まない解消法を見つけましょう。

【食事の改善】

6適度な良質水分の摂取
循環器の働きを改善するために、目安として体重の20分の1程度、約2リットルの水分を摂るようにします。消化酵素の働きを妨げないために、食前30分、食後1時間は控えめにします。
7良質のたんぱく質を摂る
味噌・豆腐・納豆などの大豆製品に含まれる脂質は、細胞の若さを維持します。反対に、乳製品や肉類など動物性の脂質は、末梢血管を詰まらせて細胞の老化を早めます。
8穀物類中心の食生活にする
主食はごはん。伝統的な日本食は歯周病治療にとって最適な食事です。
9根菜類(大根・人参・ごぼう)などを摂る
体内に蓄積した老廃物や不純物の排出する働きをします。
10嗜好品
・禁煙
1日20本以上を喫煙する人は、歯周病治療の効果が出ないとの報告があります。
・飲酒の量を減らす
1日缶ビール(350ml)を1~2本まで。
11青汁
現代人の食生活で不足しがちなビタミン、ミネラル、植物繊維は、意識して補う必要があります。

一般歯科

虫歯の痛みや親知らずの抜歯などの一般歯科治療を行います。
初診の患者様は、カウンセリング・事前検査に1時間~1時間半程度のお時間を頂きますので、余裕をもって来院ください。

  • 1スタッフより当院の治療方針、治療の考え方などをご説明いたします。
  • 2歯の治療歴や現在の痛みや症状などのヒアリングを行います。
  • 3口腔内全体のレントゲン写真を撮影いたします。
  • 4レントゲン写真を基に、患者様の現在の状況をご説明いたします。
  • 5痛みなどに対する応急処置を行います。
  • 6今後必要となる検査や治療に関するご説明、カウンセリングを行います。
  • 7検査結果に基づき、今後の治療説明、予防処置、基本治療へと続きます。
  • 8基本治療が終了した後、噛み合わせの再構成、もしくは治療終了となりメンテナンスとなります。