スタッフBLOG

歯科医師・歯科衛生士・患者様の共同医療で根本から治す

当院では、痛みなどで歯科を受診された患者様にとって、食生活習慣を見直す最適な機会だと捉え、医療者と患者様の共同作業によって全身の健康を見直す『トータルヘルスケアコーチング(THCC)』を提案しています。

医院紹介はこちら

2018.04.19更新

最近 患者さんと介護のお話で盛り上がる事が増えました。

現在要支援1の認定を受けている母に奮闘の毎日を送っています。要支援1とは要介護にならないようにするために

支援をして頂けるというもので、1と2があり1は軽い方です。母は一人暮らしで日常生活は何でも出来るし

問題ないのですが 何せ物忘れが多く

自分でしまい込んだお金や預金通帳をしきりに探す

毎日を送っています。見つからなければ怒って電話が入り 仕事を終えて慌てて行くと「そんな事を言うわけがない」と言ってみたり、ある時には「生きてても面白くないから早く死にたい」と泣いていて駆けつけるとケロッとしていて「どうしたん?」なんて言われたり。

もう発狂しそうになる時もありますが、

認知症の人に対して怒ってはいけないというのが原則で

怒ると悪化することも経験しました。とは言え本当に

腹の立つこともあります。

そんな時に一番良いのが同じ境遇の人と話すことだということを実感しています。

介護で大変な患者さんと「そうそう そうよね」「もう腹立つよね」なんてお互いに話しながら笑ったり泣いたり

介護は経験しないと分からない辛さがたくさんあります。私は別々に暮らしているのでこの程度なんだろう

同居の人達はどれだけ大変か今はリアルに想像出来ます。

話を聞いてもらってスッキリしたわと言って下さる患者さんに私も感謝している今日この頃です。

投稿者: 福田デンタルクリニック